逃げまんねんの特徴

商品特徴
臭いのバリアを張る!
対象害獣・害虫を入れたくないエリアを囲って下さい。人工的に山火事の初期の臭いを発生させる為、本能的に危険な場所と認識されます。10ml撒いた時の有効範囲は約2mです。
追い出す
入れなくないエリア(屋内、地中等)に既に対象物がいる場合、エリア内に置き徐々に外へと追い出します。時期を見計らってエリア内に置いた『逃げまんねん』をエリアの外に移しエリアを囲うように置いて下さい。
安心の天然素材
30年余りの研究から生まれた100%天然素材の忌避液です。
ニオイのイメージ
正露丸と木が燃えた煙のニオイが混ざったような感じです。(当社従業員談)
利用場面
忌避液 逃げまんねん 利用場面
  • ・野良猫・野良犬のフン、尿にお困りの場所に。
  • ・ネズミが走る屋根裏に。
  • ・ムカデ、ゴキブリ等が闊歩する流しや壁際に。
  • ・ヘビ・モグラが横行するお庭や畑に。
  • ・その他害獣害虫に効果的面!
効果のある動物
モグラ・ヘビ・イタチ・キツネ・タヌキ・ネズミ・ノラ犬・ノラ猫・コウモリ・シカ・イノシシ等
※飼い犬・飼い猫には忌避液としての効果はありません。
効果のある動物
ムカデ・ナメクジ・ヤマヒル・ハチ・ブヨ・カ・ゴキブリ等
忌避液 逃げまんねん 使用するにあたって
地面に直接撒く場合
一箇所あたり大さじ1杯分(約10ml)を2m間隔で使用。
屋内やコンクリート上で使う場合
ペットボトルのキャップ等に入れて特定の場所に置く。スポンジに湿らせ皿にのせて置く。
注意事項
忌避液 逃げまんねん 注意事項
  • ・花が咲き、実のなる作物の近くでご使用の場合は、受粉をする昆虫が近づかなくなる為に結実しません。
  • ・直接手に触れても害はありませんが、臭いと色が残ります。ゴム手袋の使用をお勧めします。
  • ・芝生や草花に直接かけると光合成ができず枯れてしまいます。
  • ・コンクリート等に直接まくと、シミが残ります。
  • ・ペットを飼われている場合は、体に付かないように注意して下さい。舐めると体調不良を起こす場合があります。
  • ・小さなお子様がおられる場合は、誤飲に気をつけて下さい。万一口に入れた場合は、直ちに医師の診断を受けて下さい。
ご利用者様の声
商品詳細
逃げまんねん(にげまんねん・ニゲマンネン)
製品名忌避液 逃げまんねん 内容量500ml/本
効果約2ヶ月(使用状況により変わります) 成分木酢液、木タール、ニンニク
商品一覧