最新の、利益の多く出る太陽光発電方式の提案

  • 1.太陽光発電事業において、発電効率が20%以上アップしたという方法は?
  •    [票舛領礁魅僖優襪鮖箸ぁ坪当たりの発電効率を上げる。
  •   ◆[票舛慮反射式防草シートを使い、光反射によって発電効率を上げる。
  • 2.今後の設置における、注意すべき点。
  •    仝反射式防草シートは、   「防草ルンルンシート白ピカ」を使う事を勧める。
  •     (防草ルンルンシート白ピカについての詳しい内容は、↑をクリック)
  • 3.光反射式防草シートを敷設する順序は
  •    1番先に、パネル設置予定の場所を十分に踏み固め、作業効率及び発電効率が上が
  •     るよう平面にして、強力雑草の発生防止の対策をする
  •   ◆,修慮紂安価で、抑草効果の高い「エコナル防草シート」の設置を、しっかりやる。
  •     (その方法は、エコナル防草シートの設置の方法をクリック。(ただし、この場合の
  •     押さえは、コストが安く長期持続効果のある黒丸くんのセット」で良い)
  •    その後、太陽光発電パネルの設置工事をしっかり行う。
  •   ぁ,修慮紂▲僖優襪糧電効率を上げる為に、パネル下の空いてある
  •     「エコナル防草シート」の敷設してある地面に「防草ルンルンシート白ピカ」を隙
  •     間なく重ね張りする。
  • 4.光反射式防草シートを敷設する時の特に注意すべき問題点は、
  •   強風、台風対策をしっかりする事である。その方法として、
  •    「防草ルンルンシート白ピカ」の敷設がコンクリートやパネルの杭などによって、
  •     切断される時は、その切断された部分をしっかり止める事。
  •     コンクリートとの接着場面では、接着部分に接着のりをつけた上で防草シートを
  •     接着し、さらにその上を3〜5cm位の幅に切ったガルバー素材のトタン板を接着し、
  •     下穴を開けた上でコンクリートビスを使って止める。
  •   ◆.掘璽帆澗里蓮⊇蝓垢髻ドームキャッチ」を使って「NEWコの字型ピン」で、し
  •     っかり押さえて留めて行く。
  •     ただし、防草シートの下の地面が岩や石の多い所では、「極太L型アンカーピン」、
  •     または、「大頭釘」を使い留めて行く。
  •    「防草ルンルンシート白ピカ」を敷設する、最初及び最後の部分では、必ず、10cm
  •     の幅のある「粘着テープ」を使い、しっかり、下の部分に敷いてある「エコナル防草シート
  •     と接着し、強風などによる被害を防止する。「防草ルンルンシート白ピカ」同士との
  •     重ね合わせ部分にも「白ピカ専用テープ」でしっかり留める。
  •   *「ドームキャッチ」の上も、「白ピカ専用テープ」で大きく隠すようにして貼ってく
  •    ださい。