• A, 樹木の植え付け時や芝生を張る時には、メネデールと言う商品を使うと良いと言う人が
    多いですが、私共でも、この商品を販売していますが、これから、新たな商品として、
    「同じ面積当たりに使う商品代金として、どちらが安いか」
    「どちらが、扱いやすいか」「気候の変動がある中で、どちらが効果を出しやすいか」

    の3つについて検討しました。
  • 「同じ面積当たりに使う商品代金として、どちらが安いか」
    条件としてそれぞれの商品に記載されている使用倍率に準じて使う。
    メネデールは、100倍で、これから私共が勧める商品は、1000倍で使う。
    メネデール20L1本の私どもの現在のネット販売価格は、25553円。(税込)
    今回のお勧め品は1L1本の私どもの販売価格は、4950円。(税込)
    これで同じく、2000Lの散布液を作るとして考えた場合、
    メネデールより、新しく、私共がお勧めする商品の方が15653円安価である

    (25553-4950-4950=15653)
  • 「どちらが扱いやすいか」
    20L1缶より、1L2本の方が軽くて扱いやすい。→これにより、新たに、私共がお勧めした物の方が使いしやすい。
  • 「気候の変動のある中で、どちらが使いやすいか」
    樹木を植えたり、芝生を張ったりするのは、春、秋などが良いと言う人も多いが、必ずしも、そんな時ばかりに出来る訳がない。
     時には、夏でも、冬でも、そんな事を依頼されても、春や秋のように樹木や芝生を早く活着させ、その後の生育を順調にさせたい。
     そこで、この道の専門家の人に今まで使われていたのが、メネデールでありました。
    このメネデールは、植物の成長に欠かせない鉄を、根から、吸収されやすいイオンと言う形で含んでいます。
     また、今回私どもがお勧めする商品の成分は、主に微生物と酵素です。
    吸収のされ方は、葉や茎などの表面から吸収され体内に入る場合と根から吸収され体内に入る場合の二通りがあります。
     この2種の決定的な違いは、新しく私共が紹介しようとしている商品は、微生物や酵素を主体として作られている為、この微生物や酵素の力により、冬でも地下部の根の周りの地温が適度に上がり、根が活動しやすくなっています。
     もちろん、根の先端部分には、微生物や酵素も多く存在しておりますので、根は喜んでいると思います。

     このような理由で、今後、弊社としては、こちらの方をお勧めしたいと思います。
  • 令和3年12月吉日
    (株)アイ・エイチ・エス