カテゴリー

2024年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
この色の日は、休業日です。休業日中のご注文は翌営業日の受注処理となります。
農家に生まれ、農家に育った人間だから思うのか???
多くの人が幸せに暮らす為には!!!

九十九里の百姓ジィさんの思い 九十九里の
百姓ジィさんの思い
東京生まれ、東京育ちの人が取り組む、全くの素人だから出来る農家の常識を覆す健康的な野菜栽培日記。
アイ・エイチ・エス<br /> ホットニュースブログ アイ・エイチ・エス
ホットニュースブログ
美味しい野菜が作れる栽培キットで野菜作りに初挑戦!
美味しい野菜が作れる栽培キットで野菜作りに初挑戦!! インスタグラム
 
幸せへの近道は知識をしっかり身につけてから商品を購入すること
もう、素人と、馬鹿にしないで!!!
この内容を知って実践したら、プロ以上に素晴らしい物が出来る!!!
このページでは、初めての方でも分かりやすいように赤文字で表示された部分をクリックすると詳しいページに飛ぶようになっております。(赤文字をクリックしてみて下さい)
播種から鉢上げ直前までの作業及び管理の仕方
〈播種〉
播種作業の前に準備して、おきたい事
  •  ’甜鏈邏箸謀たって、作業者本人を守る為に、準備して置きたい物
    身に付けて作業するものゴーグル(目の保護)、マスク(鼻や口、のどの保護)、手袋(汚れ、かゆみ防止)
  • ◆,海稜甜錣忙箸Α崋錣泙培養土」を準備して下さい。
    (市販の培養土を使用する場合には、必ず1袋(30l)600円以上のものを用意して下さい)
  •  培養土を振う為の、ふるいを用意して下さい。
  • ぁ’甜錣垢觧に使用する、湯飲み茶わんを2個と楊枝を1本用意して下さい
  •   培養土は、この写真のように、10ミリ穴ぐらいのふるいを使って振るってから、使用すると、発芽も良くなり、その後の生育も良くなります
  • その後、もっと発芽や成育を良くする為に振るった播種培養土(20〜30l)に、 弊社特製(培土混合用)土壌改良材 を1袋散布し、全体を良く混合する。
  • 播種培養土に、 特殊液肥1 を均一になるように散布し、1日そのままで置いておく。(この1日で、 特殊液肥1 が培養土全体に行き渡る)。
  • ※特殊肥料を散布する事により、発芽や成育の促進が出来ます。
  • 実際の播種作業の順序
  •  ,海料阿虜邏箸悩遒辰拭播種培養土を200穴程度のプラグトレーに、軽く均一に詰めたら、必ず底から十分な水が出る位、灌水する。
  • ◆↓,嚢圓辰榛邏箸慮紊如▲廛薀哀肇譟爾良縮未凌紊切れた状態の5分後、以降に、事前に用意した湯飲み茶わん2個(1個に、種子のみ、もう一つに水を3分の1程度入れる。)を使って播種作業を行う。
  • 、△嚢圓作業のポイントは、やはり、事前に用意した楊枝1本の先を、茶碗の水にちょいとつけ、それを種子の入っている茶碗にさすと、その先に1粒種子が付く」と言う状態にする。
  • ぁ↓での作業の後で、その楊枝の先に着いた種子を、プラグトレーの1番上の穴に、順序よく落とす。
  • ァ↓い嚢圓辰榛邏箸紡海い董以後、2番目、3番目と言う順序で、各穴に1粒ずつ、種子を落として行く。
  • Α1枚全部が播き終わったら、覆土(種子の上から、土を播く事)をしないで、 水稲育苗箱に弊社特製の、 底面灌水用の補助シートを敷いた上に並べ、育苗箱と補助シートの間に水を入れ、脇から、水が流れ出る位、充分に水を入れて置く。
  •   まず育苗箱の上にビニールシートを平均に広げます
     
      ビニールシートの上にクッションマットを2枚敷きます
     
      その上に播種済のプラグトレーを乗せます
     
      プラグトレーと育苗箱のビニールシートの間に丁寧に水の補給を行います
  • А’甜鏝紊蓮⊆鏤劼隆チ腓鯔匹旭嫐で、古新聞紙を、その播種したプラグトレーの上に並べ、風で飛ばされないように、遮光シートやネットで覆っておく。
  •   プラグトレーの上に新聞紙を敷きます
     


      新聞紙の上に遮光ネット(夏の快適空間)またはグリーンの格子状ネットを被せ、新聞紙が風で飛ばされないようにします
  • ─〕眛以降、毎日新聞紙を少しめくり、発芽確認を行う
  •  発芽が確認出来たら、すぐに新聞紙を取り除き、苗の徒長を防ぐ
  •  よく発芽すると、このようになります。(弊社では、農業1年生が行っています)
  •  9月6日に蒔いた種が、9月28日にはこんなに大きくなりました!
  • 次からは「9cmポリポットへの鉢上げから、苗出荷まで」
    ここをクリックしてください

    ページトップへ